,思わずコッソリとヌキたくなる無料スマホ漫画 !!

【コミックシーモア】電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜 〜思わずコッソリとヌキたくなる無料スマホ漫画

 

 

 

 

 

 

 

作者:Meg

 

 

配信元:コミックシーモア

 

 

 

【コミックシーモア】電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜 〜思わずコッソリとヌキたくなる無料スマホ漫画〜 あらすじ

 

 

【コミックシーモア】電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜〜 あらすじ

 

 

「声、我慢しないとダメだろ?」

 

 

カプセルホテルに上司と2人、火照るカラダを密着させて、敏感な所、擦れ合うたび声が溢れちゃう…。

 

 

会社の飲み会で、上司の羽田野と口論になり酔い潰れてしまったみのり。

 

 

終電を逃した2人は近場のカプセルホテルに宿まることに。

 

 

ところが間違えて別の客に部屋を占領されてしまいどうしよう…。

 

 

するとそこに現れた羽田野に「俺の部屋に来る…?」と提案されて…!?

 

 

密着した空間で見せる異性の顔に、触れられるたび鼓動が高鳴り気持ちイイの止まらなくて…犬猿の仲の上司にイカされちゃうなんてっ!

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

【解説】

 

女の最大の弱点は快感。

 

 

女ほどセックスの快感に弱い生き物はいません。

 

 

どんな嫌いな相手でも、肌の相性が合えば離れられないんですね。

 

 

犬猿の中の上司でも抱かれたら逆らえない。

 

 

上司とのセックスが気持ちよすぎて。

 

 

乳房への愛撫から吸い上げ。

 

 

オ○コへのかき回し、ヴァギナの中への指に出し入れ。

 

 

どれも感じ過ぎて離れられない。

 

 

そして、大きな肉棒を挿入されての快感。

 

 

激しくて、リズミカルでツボを抑えたピストンで何回もいかされてしまった私。

 

 

ダメ、もう離れられない!!

 

 

この続きは本編で。

 

 

 

 

無料立ち読みはココをタップ!!

 

 ↓↓         ↓↓   

 

【コミックシーモア】電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。